チュートリアル

完全理解:最新Hapticsテクノロジーとその応用ノウハウ

対象プラットフォーム:コンシューマ, アーケード, PC, モバイル
講演形式
チュートリアル
講演時間
08月23日(火) 16:10 〜 17:10
講演ルーム
第6会場
受講スキル

プログラマー、ゲームデザイナー、サウンドクリエイター、事業開発担当(ビズデブ)、Haptics導入を予定している人、Hapticsを知りたい人

得られる知見

Hapticsの基礎から最新テクノロジーの動向

振動型Hapticsのデジタルコンテンツへ導入するための様々なノウハウ

国際標準化の動向

Hapticsテクノロジーの将来展望

セッションの内容

Hapticsテクノロジーは、ゲームコンソール機のコントローラに新型のHapticsアクチュエータが搭載され、また、メタバースにおける触る感覚の重要性から、大きく注目が集まっている。

そこで、本セッションでは、Hapticsテクノロジーの歴史から最新技術まで、網羅的に解説する。さらに、汎用性の高い振動型Hapticsを例に、従来テクノロジーから最新動向までを詳細に紹介したのち、振動型HapticsをゲームやXRといったデジタルコンテンツに効果的に導入するための、ウハウを、実際のさまざまなシーンを例に、徹底解説していく。

Hapticsテクノロジーは、国際標準化も始まっており、ここ数年で急速に展開されることが期待されているため、まとめとして、国内外の標準化動向、そして、次世代型のHapticsテクノロジーの話題に触れる。

香田 夏雄

株式会社ミライセンス

CEO

講演者詳細を開く >

<講演者プロフィール>

ソニー株式会社にて、3DCGの研究開発と商品化に従事。2007年にソニーを退社し、その後、数々のディープテック系ベンチャーの起業に参画。2014年に、産総研の技術をベースに錯覚を用いて触った感覚をデジタルで表現する3DHaptics技術を研究開発する「ミライセンス」社を共同で起業し、代表取締役就任。2019年に、ミライセンス社を村田製作所のグループ企業化し、3DHapticsの商用化をすすめる。2021年に、ゲーム開発向けのHapticsミドルウェアソリューション「AMPTIX」を展開開始。

<受講者へのメッセージ>

リッチな触感を表現する次世代型のHaptics技術は、現在商用化の過渡期に入っており、ゲーム業界で急速に展開が進むことが予想されています。また、XRやメタバースにおいても現実感を表現するための必須技術と認識されており急速に注目が集まっています。そこで、本チュートリアルでは、Haptics技術の基礎から応用まで、詳細に解説していきます。本チュートリアルを受けることにより、最新Haptics技術にキャッチアップでき、即座に、コンテンツ企画、Hapticsデータデザイン、プログラミングに応用することが可能になるでしょう。
閉じる

共同研究・開発者

中村則雄(ミライセンスCTO、産業技術総合研究所主任研究員)